2008年02月12日

高校受験と塾

高校入試に向けて本格的に勉強するには、塾を利用する人が少なくありません。
ここでは、高校受験で塾を利用する人のために塾の種類を紹介することにします。

まず、塾には地元の塾と大手塾に大分されると思います。
さらに、補習重視の塾と進学重視の塾とに分けられるのではないでしょうか?

補習重視の塾では内申書重視で、受験降格の目標を国公立の中堅高校に設定しているところが多いみたいですね。
このような塾は地元密着型の塾に多く見られるのが特徴といえるでしょう。

このタイプの塾は高校受験の情報提供や模擬試験をあまり重視してないということが高校受験に向けての不安材料となると思います。

普段の中間テストや期末テストなどの対策に優れているみたいです。

一方、進学重視の学習塾は国公立高校受験や私立高校受験を目標としたカリキュラムを中心に学習を進めていくのですね。
このような形態の塾は大手の塾に多く見られると思います。

このような進学塾タイプは学校の授業よりも学習の速度が速いため内申書で多くの点を稼ぎたい、また中堅の高校を狙っている人には不向きであるとも言えるのではないでしょうか?

さらに、塾には集団で受講するものと個人で指導を受けるものに分けられますよね。

塾の中でも歴史のある集団で受けることのできる塾の利点としては講師陣や指導方針などが大変オープンであるため、割と安心して利用できるというところがあると思います。

しかしながら欠点としては学校が終わった後、友達との遊びの場になってしまうようなこともあるようで、本来の塾の意味を失ってしまう場合もあるとかないとか。

個人で指導を受けることができる塾は個別指導タイプと呼ばれる塾ですが、講師と一対一での指導が可能なため、本人の進度に合わせての学習が可能となってきます。

しかしながらこのタイプの塾は費用が大変高いことがデメリットとなりますね。
また、個別指導であっても先生一人につき生徒が数人となる場合もあるようです。

家庭教師のほうが費用的にも、学習の進度的にも効果があることもあるんですね。

いずれにしても、自分の子供の性格やライフスタイル、目指す高校などによって学習塾や家庭教師などどれを選ぶか決めるといいと思います。


タグ:高校受験
posted by 高校受験 | 高校受験
2008年02月08日

高校受験対策・学習方法

高校受験は日ごろの勉強の積み重ねが重要になってきます。
高校受験のための勉強方法を簡単に紹介しますね。

まず、日ごろから勉強の習慣を身に着けること、これが高校受験で成功するための一番の近道なのではないでしょうか?

どのようにすれば日ごろから勉強習慣を身に着けることが可能なのでしょうか?

暗記が必要な科目については繰り返し覚えるという習慣をつけることが学習効果をあげる重要ポイントになります。
また、繰り返し覚えることに加えて、理解して覚えるということが高校受験に効果のある勉強方法だと思います。

理由を考え、問題をひとつずつ理解していくことで、その問題に対し、納得しながら覚えていくことが勉強を面白くしていくのですね。

ただ基礎の理解にこだわりすぎると前に進めなくなる場合もあるので注意しましょう。
例えば分数の割り算はなぜ分母と分子が逆さまになるのか、この証明は非常に難しいですよね。

時間は長くなくとも毎日少しずつでも勉強する習慣をつけて高校受験合格を目指したいものですね。

この勉強方法を具体的にどのようにしていかせば良いのか、ということになりますが、まず授業では理由を考えながら先生の解説を聞くようにしたいですね。

ノートなどはきれいにとるよりも後でみてわかる程度にとっておき、先生の説明を書き留めておくものと考えると良いと思います。
口頭の説明もメモしておくことが重要です。

数学などはその単元ごとに授業で行ったことを練習することにより復習となります。これは大変効果的な学習方法といえると思います。

また問題を間違えた場合にはなぜ間違えたのか、どこを理解していないのか、納得しながら理解することで学力が身についていくのです。

間違えたところを放置することの無いように、しましょうね。

英単語についてですが英単語を身に着けるためには英語の授業が無いときでも毎日繰り返し練習する事が重要になってきます。

普段の勉強で英単語自体ではさほど成績に差はつきませんが、高校受験で合格した後に差がついてくることが多いのです。

英単語は毎日欠かさずに勉強した方がいいと思います。
この勉強方法は学校の勉強だけでなく塾での勉強にも活用できると思います。
posted by 高校受験 | 高校受験
2008年02月06日

高校受験とは?

高校受験を知らない人はいないと思います。親も子も高校受験となると前々から準備し、子供の将来のために真剣に取り組むものですよね。

ここでは高校受験に必要な基本的な事柄、高校受験とはいったいどのようなものかを解説していきます。

高校受験とは高等学校に入学するための試験のことです。
高校受験にはほとんどの高校に入学試験が実施され、国立や私立を問わずほぼ日本全国レベルでの高校入試が実施されているのです。というのも日本の高校進学率は90%以上なんですね。

高校を受験するのにはある理由があります。その学校に入学できる定員が決まっていて、定員以上の志願者がいた場合には選抜する必要があるから、試験をするのですね。さらに、定員を割っている場合にも、あまりにも志願者の学力が一定水準を満たない場合には定員内不合格というケースもあります。

これはその学校自体の学力低下を防ぐ意味合いがあるのですね。
定員内不合格を行うかどうかはその自治体主に都道府県によって異なるらしいです。

高校受験に合格するためには中学時代の普段の勉強や内申書をよく書いてもらう事が重要になってきます。
つまり高校受験とは、決して一発勝負ではないんですね。

高校受験の対策としての勉強方法や講座、参考書や進学塾を利用している人は多いです。
最近の学校ではゆとり教育をうたっていますが、そのしわ寄せで日本の子供たちの学力が低下していることが進学塾の普及率を高めているというのは、皆さんご存知の事と思います。

日本の高校受験では卒業時や進級時よりも入学試験のほうが難易度が高いといわれています。また、学力を計るだけではなく運動などの得意分野の実技試験を行うところもあるようです。

高校入学時の資格として中学校卒業が基本となります。

卒業していない人には中学校卒業認定試験を受験する必要があります。

これに合格することにより中学卒業と同等の扱いを受け、高校受験が可能となるわけなんですね。
また、高校受験には内申書が大きく関わってくることも十分理解しておいてください。

部活動での活躍や普段の生活態度なども高校受験合格の大きな要素となるんですね。

受験科目は5教科の学校が多いです。
国語、数学、理科、社会そして英語です。

受験のための学習として満遍なくこれら5教科を
学習する必要があります。

高校受験はバランス感覚も重要になってくるのですね。
タグ:高校受験
posted by 高校受験 | 高校受験

最近の記事

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。